地図 - アッパー・イースト州 (Upper East Region)

世界 >  アフリカ >  ガーナ >  アッパー・イースト州

アッパー・イースト州 (Upper East Region)

アッパー・イースト州(アッパー・イーストしゅう、Upper East Region)は、ガーナの州。面積は8,842平方キロメートルでガーナの総面積の2.7パーセントを占め、ガーナの10州の中で最も小さい。人口は2000年には92万0,089人でガーナの総人口の4.9パーセントに相当し、ガーナ10州のうち9番目の人口である。州都はボルガタンガで、ほかにボクやナヴロンゴといった町がある。

アッパーイースト州はガーナの北東隅に位置し、北でブルキナファソと、東でトーゴと国境を接している。農村人口が84.3%を占めており、分散した集落に居住しているものが多い。1984年の農村人口は87.1%であり、1984年から2000年の間に農村人口の割合は2.8%減少した 。都市人口は15.7%で、この国で最も都市化が進んでいない州である。都市人口率が20%を割る州はこことアッパー・ウエスト州のみである。ガーナで生まれ育ったガーナ人が人口の92.5%を占め、5.3%は帰化したガーナ人であり、残りは外国人である。民族としてはNabdam人が30.5%、Kusasi人が22.6%、Nankani人とKassena人が15.7%、Builsa人が7.6%、Busanga人が6%、マンプルシ人が1.8%である 。宗教は伝統宗教が46.4%、イスラム教が22.6%、キリスト教が28.3%である

アッパーイースト州には9つの地区がある 。

 

地図 - アッパー・イースト州 (Upper East Region)

緯度 / 経度 : 10° 45' 0" N / 0° 45' 0" W | 標準時 : UTC+0 | 通貨 : GHS | 電話機 : 233  

国 - ガーナ

ガーナの国旗
脱植民地化が活発であった最中の1957年に、サハラ以南のアフリカにおいて初めて現地人が中心となってヨーロッパの宗主国から独立を達成した国家である。イギリス領ゴールド・コーストと呼ばれていたが、独立に際して国名をガーナに変更した。初代大統領ンクルマは、アフリカ統一運動を推進したことで有名。ダイヤモンドや金を産出する。カカオ豆の産地としても有名。2010年12月から沖合油田で原油・ガス生産が始まり、国際的に大きな注目を集めている。

正式名称は英語で、Republic of Ghana(リパブリク・オヴ・ガーナ)。通称、Ghana ガーナ)。
通貨 / 言語  
ISO 通貨 シンボル 有効数字
GHS セディ (Ghanaian cedi) 2
ISO 言語
TW トウィ語 (Twi)
AK アカン語 (Akan language)
EE エウェ語 (Ewe language)
EN 英語 (English language)
地図  
地図-ガーナGhana_BMNG.png
Ghana_BMNG.png
869x1245
地図-ガーナ964px-Ghana_location_map.svg.jpg
964px-Ghana_location...
964x1304
地図-ガーナimage.jpg
image.jpg
1398x1737
地図-ガーナ851px-Ghana_physical_map.svg.jpg
851px-Ghana_physical...
851x1152
地図-ガーナimage.jpg
image.jpg
1398x1737
町字 - 国  
  •  トーゴ 
  •  ブルキナファソ 
  •  コートジボワール 

Facebook

 mapnall@gmail.com