通貨 - カタール・リヤル

通貨  >  カタール・リヤル

カタール・リヤル

رق
カタール・リヤル(アラビア語:ريال قطري リヤール・カタリー、英語:Qatari Riyal)はカタールの通貨単位で、QRまたはQARで記される。 補助単位はディルハム(Dirham)で、1リヤル=100ディルハム。

1966年まで、カタールでは通貨として「湾岸ルピー」としてのインド・ルピーが使われていた。インドがルピーの通貨切り下げを行った際、カタールを初めとした湾岸諸国は独自通貨の導入を試みた。カタールはまずサウジアラビア・リヤル(Saudi Riyal)を導入した後、カタール・ドバイ・リヤル(Qatar and Dubai Riyal)を導入。サウジアラビア・リヤルは1.065ルピー、カタール・ドバイ・リヤルは切り下げ前の1ルピーと同価とされた。

1973年までは、カタールとドバイはリヤルを共同で発行していた。しかしドバイがアラブ首長国連邦に参加したため、カタールは単独でカタール・リヤルを発行することとなった。

1975年3月より、カタール・リヤルは公式的にIMF(国際通貨基金)の特別引出権(Special Drawing Rights、SDR)にペッグしている。実際には、1980年以来1USドル=3.64リヤル、つまり1リヤル=0.274725USドルで固定されている。このレートは2001年7月に公式になった。

紙幣は1、5、10、50、100、500リヤルの6種類。カタール中央銀行(QCB)が発行している。現在は2003年6月15日より発行している第4版(2007年9月一部改訂)が流通している。2007年の改訂では、偽造防止技術として、コーナーストーン透かしや幅の広いオプティクス安全線、ホログラムなどが追加された。

紙幣イメージ: カタール中央銀行 第四版紙幣見本

硬貨は 5、10、25、50ディルハムの4種類があるが、実際に多く流通しているのは25、50ディルハムである。

カタール

カタール国(カタールこく、دولة قطر)、通称カタールは、中東・西アジアの国家。首都はドーハ 。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国。ペルシア湾(アラビア湾)に面する。南はサウジアラビアと国境を接し、ペルシャ湾を挟んで北西はバーレーンに、北はイランに、東はアラブ首長国連邦(UAE)に向かい合う。

正式名称はアラビア語で دولة قطر (Dawlat Qaṭar ダウラトゥ・カタル) といい、通常は قطر (Qaṭar カタル) と称する。qatura (カトゥラ=「噴出する」)に由来する。

言語

Qatari riyal (English)  Riyal del Qatar (Italiano)  Qatarese rial (Nederlands)  Riyal qatarien (Français)  Katar-Riyal (Deutsch)  Rial catarense (Português)  Катарский риал (Русский)  Riyal catarí (Español)  Rial katarski (Polski)  卡達里亞爾 (中文)  Qatarisk rial (Svenska)  カタール・リヤル (日本語)  Катарський ріал (Українська)  Катарски риал (Български)  카타르 리얄 (한국어)  Qatarin rial (Suomi)  Riyal Qatar (Bahasa Indonesia)  Kataro rialas (Lietuvių)  Katar riyali (Türkçe)  Катарски ријал (Српски / Srpski)  Katari riál (Magyar)  Katarski rijal (Hrvatski)  Ριγιάλ του Κατάρ (Ελληνικά)  Riyal Qatar (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com