通貨 - セーシェル・ルピー

通貨  >  セーシェル・ルピー

セーシェル・ルピー

ルピー(rupee、roupie)はセーシェルの通貨。現地のセーシェル・クレオール語では、roupi と呼ばれる。ISO 4217コードはSCR。補助単位は100分の1のセント。ときに SR や SRe といった省略表記がされる 。

セーシェルの通貨は1810年からUKポンド、1877年からUKポンドに替わりモーリシャス・ルピーが流通していた。1914年、モーリシャス・ルピーの流通と並行して、等価で導入された通貨がセーシェル・ルピーである。当初は紙幣のみ発行され、1939年にようやく硬貨が導入された。

1939年に10、25セント、½、1ルピーの4種類の硬貨が導入された。モーリシャス・ルピーに10セント硬貨はなく、このとき鋳造された10セント白銅貨が初めてのそれとなった。その他の硬貨はモーリシャス・ルピー銀貨から品位を.500に落とした同額、同寸法の硬貨。その後、1948年にモーリシャス・ルピー硬貨と同寸法、非常によく似たデザインの1、2、5セント銅貨が導入された。

以来、素材の変更がたびたび行われており、1951年に25セント硬貨を銀貨から白銅貨に変更。さらに1953年と1954年に鋳造された10セント硬貨が12角形の洋銀貨。½、1ルピー硬貨が白銅貨。1972年に1、5セント硬貨がアルミニウム製に変更された。この間、1968年に2セント硬貨の鋳造を停止、1972年に5ルピー白銅貨が導入された。

1982年、新たに銅製の1、5、10セント、白銅製の25セント、1、5ルピーからなる新硬貨が導入された。このうち1セント硬貨は、1992年を最後に鋳造がされていない。

1ルピー紙幣(1943年) 1914年に政府は50セント、1、5、10ルピー紙幣を緊急に発行し、通常紙幣の50セント、1ルピー紙幣を1918年に、5、10、50ルピー紙幣を1928年に発行した。1951年に50セントと1ルピー紙幣の発行を停止。1968年に20、100ルピー紙幣を導入。1972年に5ルピー紙幣を硬貨へ変更した。

1979年に金融当局が発券を引き継ぎ、10、25、50、100ルピー紙幣を発行。1983年にセーシェル中央銀行がその責務を引き継ぎ、同額面の紙幣を発行。その後は2005年に500ルピー紙幣が導入された。

セーシェル

セーシェル共和国(セーシェルきょうわこく)、通称セーシェルは、アフリカ大陸から1,300kmほど離れたインド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はヴィクトリア。

正式名称は、セーシェル・クレオール語で、Repiblik Sesel 。

言語

Seychelles rupee (English)  Rupia delle Seychelles (Italiano)  Seychelse roepie (Nederlands)  Roupie seychelloise (Français)  Seychellen-Rupie (Deutsch)  Rupia das Seicheles (Português)  Сейшельская рупия (Русский)  Rupia seychelense (Español)  Rupia seszelska (Polski)  塞席爾盧比 (中文)  Seychellisk rupie (Svenska)  セーシェル・ルピー (日本語)  Сейшельська рупія (Українська)  Сейшелска рупия (Български)  세이셸 루피 (한국어)  Seychellien rupia (Suomi)  Rupee Seychelles (Bahasa Indonesia)  Seišelių rupija (Lietuvių)  Seychelliske rupee (Dansk)  Seychelská rupie (Česky)  Seyşeller rupisi (Türkçe)  Сејшелска рупија (Српски / Srpski)  Seišelli ruupia (Eesti)  Seychelle-i rúpia (Magyar)  Sejšelska rupija (Hrvatski)  Ρουπία Σεϋχελλών (Ελληνικά) 
 mapnall@gmail.com