言語 - ティグリニャ語

言語  >  ティグリニャ語

ティグリニャ語

ティグリニャ語(ティグリニャ ご、Tigrinya language)は、エリトリア中央部およびエチオピアのティグリニャ人(Tigrinya) が用いる言語である。アフロ・アジア語族のセム語派に属し、アムハラ語や古代のゲエズ語に近い。エチオピアの公用語の1つであり、またエリトリアの事実上の公用語(規定はない)である。ゲエズ文字により表記される。話者数は670万人ほど。エリトリア(ティグリニャ語地域の北西側)で用いられるティグレ語(Tigre language)は、系統的には近いが別言語である。最も古い記録として、エリトリア南部で発見された13世紀の法律を書いたものがある。エリトリアがイギリスに支配された時代にはティグリニャ語の新聞が発行された。エリトリアではエチオピアとの連邦時代にはアラビア語とともに公用語とされたが、1958年以降アムハラ語のみが公用語とされた。エチオピアでは、アムハラ語、オロモ語についで3番目に話者が多く、エリトリアでは最有力言語である。

短子音と長子音の区別があるが、文字では区別されないため、k'ärräbä(彼は近づいた)とk'äräbä(彼は近くにいた)が区別できない。しかしこのようなペアはごく少なく、実用上の不都合はほとんどない。

エチオピア

エチオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である。首都はアディスアベバ。東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国。隣国エリトリアは1991年にエチオピアから分離した国家である。

アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つ である。人口は約1億200万人(2016年7月推定 )で、サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリアに次いで二番目に人口の多い国である。

エリトリア

アフリカにおいては東アフリカと北アフリカ諸国の一つに位置づけられる。西にスーダン、南にエチオピア、南東部にジブチと国境を接する。北は紅海に面し、1350km以上にも及ぶ長い海岸線を持ち、領海内にはダフラク諸島など約350の小島が点在する。対岸側にはサウジアラビアとイエメンがある。

元々はエチオピアの海岸部を占めていた地域で、エリトリア独立戦争を経て1991年5月29日に独立を宣言。国際連合監視下の住民投票に基づき1993年5月24日に独立が承認された。その後も両国はエチオピア・エリトリア国境紛争を戦ったが 、2018年7月8日に関係正常化の合意文書に調印した 。

言語

Tigrinya language (English)  Lingua tigrina (Italiano)  Tigrinya (Nederlands)  Tigrigna (Français)  Tigrinya (Deutsch)  Língua tigrínia (Português)  Тигринья (Русский)  Idioma tigriña (Español)  Język tigrinia (Polski)  提格利尼亞語 (中文)  Tigrinska (Svenska)  Limba tigrinya (Română)  ティグリニャ語 (日本語)  Тигринья (Українська)  Тигриня (Български)  티그리냐어 (한국어)  Tigrinja (Suomi)  Bahasa Tigrinya (Bahasa Indonesia)  Tigrajų kalba (Lietuvių)  Tigrinsk (Dansk)  Tigrinya dili (Türkçe)  Tigrinjski jezik (Српски / Srpski)  Tigrinja keel (Eesti)  Tigriňa (Slovenčina)  Tigrinya nyelv (Magyar)  Tigrinja jezik (Hrvatski)  ภาษาตึกรึญญา (ไทย)  Tigrajščina (Slovenščina)  Tigrinja (Latviešu)  Τιγκρινιακή γλώσσα (Ελληνικά)  Tiếng Tigrinya (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com