言語 - ベンガル語

言語  >  ベンガル語

ベンガル語

ベンガル語(ベンガルご、বাংলা、バングラ)はベンガル人の言語。話者数は2億人を数え、日常会話の言語人口としては、世界で7番目に多い言語。主にバングラデシュ およびインドの西ベンガル州とその周辺で話されている。バングラデシュの国語であり、またインドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつとして、西ベンガル州とトリプラ州の公用語になっている。アッサム州にも話者がいる。ほか西アジアなどで移民によって話される。

インド・アーリア語派に属する。表記にはブラーフミー文字から発展したベンガル文字を用いる 。構文は SOV型。ヒンディー語と異なり、名詞は性をもたない。なお、言語名の呼称に関しては、バングラ語と表記するほうが原語の音に忠実ではあるが、日本語では「ベンガル語」の表記が慣例である 。

上述のように、ベンガル語はインド・ヨーロッパ語族に属するが、ドラヴィダ語族をはじめとする他の語族/語派から受けた影響が、語彙面や文法面に見られる 。ドラヴィダ語族のほかにはオーストロアジア語族とチベット・ビルマ語派がベンガル語の成り立ちに影響を与えたものと見られ、20世紀初頭の複数のベンガル語辞書を調査した研究によると、収録語彙の45%が純然たるサンスクリットからの借用語、50%超が土着語彙(サンスクリットから変容した語彙と非印欧語族言語からの借用語)であった 。

バングラデシュ

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。

1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。

インド

インドは、南アジアに位置し、インド亜大陸の大半を領し、インド洋に面する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。

1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。

言語

Bengali language (English)  Lingua bengali (Italiano)  Bengaals (Nederlands)  Bengali (Français)  Bengalische Sprache (Deutsch)  Língua bengali (Português)  Бенгальский язык (Русский)  Idioma bengalí (Español)  Język bengalski (Polski)  孟加拉语 (中文)  Bengali (Svenska)  Limba bengaleză (Română)  ベンガル語 (日本語)  Бенгальська мова (Українська)  Бенгалски език (Български)  벵골어 (한국어)  Bengalin kieli (Suomi)  Bahasa Bengali (Bahasa Indonesia)  Bengalų kalba (Lietuvių)  Bengali (Dansk)  Bengálština (Česky)  Bengalce (Türkçe)  Бенгалски језик (Српски / Srpski)  Bengali keel (Eesti)  Bengálčina (Slovenčina)  Bengáli nyelv (Magyar)  Bengalski jezik (Hrvatski)  ภาษาเบงกาลี (ไทย)  Bengalščina (Slovenščina)  Bengāļu valoda (Latviešu)  Βεγγαλική γλώσσα (Ελληνικά)  Tiếng Bengal (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com