言語 - マラヤーラム語

言語  >  マラヤーラム語

マラヤーラム語

マラヤーラム語(マラヤーラムご、マラヤーラム語: മലയാളം)は、南インドのケーララ州などで話される言語である。インド憲法で認められている22の公用語のうちの一つであり、話者は約3,570万人。マラヤラム語を話す人々はと呼ばれる。

タミル語、コタ語(Kota)、コダヴァ語(Kodava)、カンナダ語およびマラヤラム語は、ともにドラヴィダ語族の南ドラヴィダ語に属している。いずれも、タミル語への類似性はかなり顕著である。その中でもマラヤラム語はタミル語に極めて近縁の言語であり、原タミル・マラヤーラム語、すなわちタミル・マラヤーラム語族からタミル語とマラヤラム語へ分離したのは、9世紀から400~500年間のように見える。初期のマラヤラム語は、当時は方言関係にあった初期タミル語から多大な影響を受けた。このことから、マラヤーラム語はタミル語の妹と言われる。その後、不可抗力的なNamboothirisによるケーララへの文化的生活への侵入、アラブ人との交易、北インドのイスラーム化に伴う南インドでのヒンディー意識の高揚とそれによるサンスクリット使用の増加、ポルトガルによる侵略などを経て、マラヤーラム語はインド・アーリア語派、セム語派、ロマンス語などから、タミル語とは異なるレベルの影響を受けた。この点はドイツ語(より正確にはザクセン語)と英語の関係に似ている。

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。

正式名称は、ジャウィ文字: ڤرسكوتوان مليسيا、ラテン文字: Malaysia。( マレー語: )。

インド

インドは、南アジアに位置し、インド亜大陸の大半を領し、インド洋に面する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。

1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。

言語

Malayalam language (English)  Lingua malayalam (Italiano)  Malayalam (Nederlands)  Malayalam (Français)  Malayalam (Deutsch)  Língua malaiala (Português)  Малаялам (Русский)  Idioma malabar (Español)  Język malajalam (Polski)  马拉雅拉姆语 (中文)  Malayalam (Svenska)  Limba malayalam (Română)  マラヤーラム語 (日本語)  Малаялам (Українська)  Малаялам (Български)  말라얄람어 (한국어)  Malajalam (Suomi)  Bahasa Malayalam (Bahasa Indonesia)  Malajalių kalba (Lietuvių)  Malayalam (Dansk)  Malajálamština (Česky)  Malayalamca (Türkçe)  Малајалам (Српски / Srpski)  Malajalami keel (Eesti)  Malajálamčina (Slovenčina)  Malajálam nyelv (Magyar)  ภาษามาลายาลัม (ไทย)  Malajalščina (Slovenščina)  Malajālama (Latviešu)  Μαλαγιαλάμ (Ελληνικά)  Tiếng Malayalam (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com