言語 - 北部サーミ語

言語  >  北部サーミ語

北部サーミ語

サーミ語の中でも言語人口の多い北部サーミ語は他のサーミ語と比べて早くから表記法が考案されている。1887年にによって東フィンマルク方言に立脚した『ラップ語辞典』が編纂され、その後が1926年から1929年に掛けて執筆した『ラップ語教本』においては、フリースの表記法を学術的な転写に適応させている。しかし、これらの表記法は実用上は不便なものであった。

その後、ノルウェー・スウェーデンでは現実に即した表記法が、フィンランドでは音声面で忠実な表記法が使用され、統一された表記法は存在しなかったが、1971年に結成されたサーミ語委員会によって新たに表記法が制定され、1979年にノルウェー、スウェーデン、フィンランドの三国で正書法となっている。

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。

国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。

スウェーデン

現王家はベルナドッテ家。19世紀初頭に興家し、半世紀ほど後の大不況でアメリカ合衆国へ人口が流出した。それから手形交換制度が確立し、ノーベル賞が創設され、第一次世界大戦の情報戦に参加するなどして、国家戦略を現代化させていった。歴代国王は王位につく際に、自分の統治について所信表明する習慣になっている 。

2003年、スウェーデンはユーロ導入を否決した。世界幸福地図では世界178ヵ国で第7位(2006年)、世界価値観調査での幸福度(Happiness)はアイスランド、デンマークに次いで第3位(2005年)であった 。外国機関投資家の演出した幸福は世界金融危機で崩れ去り、スウェーデンはデンマーク・アイスランドのように高い失業率を記録した。1998年BAEシステムズがインベストールから35%を譲り受けてSAABの筆頭株主となったが 、2005年1月に売却して支配率を22%に下げた 。2011年末サーブ・オートモービルが破産した。同社はスウェーデン政府からの公的支援を拒否されていた。

言語

Northern Sami (English)  Lingua sami settentrionale (Italiano)  Noord-Samisch (Nederlands)  Same du Nord (Français)  Nordsamische Sprache (Deutsch)  Língua lapônica setentrional (Português)  Северносаамский язык (Русский)  Sami septentrional (Español)  Język północnolapoński (Polski)  北方萨米语 (中文)  Nordsamiska (Svenska)  北部サーミ語 (日本語)  Північносаамська мова (Українська)  Северносаамски език (Български)  북부 사미어 (한국어)  Pohjoissaame (Suomi)  Šiaurės samių kalba (Lietuvių)  Nordsamisk (Dansk)  Severní sámština (Česky)  Kuzey Lapça (Türkçe)  Севернолапонски језик (Српски / Srpski)  Põhjasaami keel (Eesti)  Severná saamčina (Slovenčina)  Északi számi nyelv (Magyar)  Sjevernolaponski jezik (Hrvatski)  Ziemeļsāmu valoda (Latviešu)  Tiếng Bắc Sami (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com