地図 - リバプール・ジョン・レノン空港 (Liverpool Airport)

世界 >  ヨーロッパ >  イギリス >  イングランド >  リヴァプール >  リバプール・ジョン・レノン空港

リバプール・ジョン・レノン空港 (Liverpool Airport)

リバプール・ジョン・レノン空港 (Liverpool John Lennon Airport) は、イギリスのリバプールにある空港である。

かつては「スピーク空港(Speke Airport) 」という名称であったが、リバプール出身のアーティストジョン・レノンを称えて、2002年「リバプール・ジョン・レノン空港」という名称に変わった。空港内にはジョン・レノンの銅像が建つ 。また空港のロゴには、彼の曲である「イマジン」の歌詞の一節“above us only sky”が使われており、この歌詞は空港の屋根にも書かれている。

ヨーロッパの空港の中でも格安航空会社の乗り入れによって発展している空港の一つであり、1998年から2007年の間に乗客数は約7倍になっている。

 
 IATA Code LPL  ICAO Code EGGP  FAA Code
 電話機 +44 (0) 870 129 8484  ファクシミリ  電子メール
 ホームページ ハイパーリンク  Facebook  Twitter

地図 - リバプール・ジョン・レノン空港 (Liverpool Airport)

緯度 / 経度 : 53° 19' 60" N / 2° 51' 0" W | 標準時 : UTC+0:0 / UTC+1 | 通貨 : GBP | 電話機 : 44  
地図 - リバプール・ジョン・レノン空港 (Liverpool Airport)  

国 - イギリス

イギリスの国旗
。1925年受託者法(Trustee Act 1925)の第61条は、裁判所に、公生かつ合理的に行動し、免責されるのが当然である受託者を、信託違反の責任から免除する権限を与えた 。この立法をなしたイギリス議会は、世界恐慌が投資信託を通し大衆化した歴史にある程度の責任がある。イギリス投資信託全体の資産構成に占める下位証券の割合は、1933年で36.2%、1935年で42.0%、1938年で53.5%に上昇していった 。

1939年のアドルフ・ヒトラー総統のナチ党率いるナチス・ドイツがポーランドに侵攻し、フランスとともに宣戦布告を行い、バトル・オブ・ブリテンをはじめヨーロッパ戦線では対独伊戦争、太平洋戦線では対日戦争を経験し、アメリカ合衆国の民主党フランクリン・ルーズベルト大統領と大西洋憲章を共同で提唱した保守党のウィンストン・チャーチル政権による挙国一致内閣の下に勝利を得た第二次世界大戦後、イギリス軍はドイツのハンブルクやハノーファーを占領し、旧西ドイツの形成の一役を担った。アメリカ合衆国は旧南ドイツ連邦とオーストリア西部を占領した。アメリカ合衆国の占領地域はオランダと歴史がつながっており、戦間期にまして欧州東西の資本が錯綜した。
通貨 / 言語  
ISO 通貨 シンボル 有効数字
GBP スターリング・ポンド (Pound sterling) £ 2
ISO 言語
CY ウェールズ語 (Welsh language)
GD スコットランド・ゲール語 (Gaelic language)
EN 英語 (English language)
地図  
地図-イギリスGreat_Britain_Snowy.jpg
Great_Britain_Snowy....
3400x4400
地図-イギリスUnited_Kingdom_map.png
United_Kingdom_map.p...
1973x3023
地図-イギリスUnited_Kingdom_relief_location_map.jpg
United_Kingdom_relie...
1348x2083
地図-イギリスMap_of_the_administrative_geography_of_the_United_Kingdom.png
Map_of_the_administr...
2806x4179
地図-イギリスunited_kingdom_rel87.jpg
united_kingdom_rel87...
1032x1216
町字 - 国  
  •  アイルランド島 

Facebook

 mapnall@gmail.com