地図 - モナスティル (チュニジア) (Monastir)

世界 >  アフリカ >  チュニジア >  モナスティル県 >  Mu‘tamadīyat al Munastīr >  モナスティル

モナスティル (Monastir)

モナスティル (Monastir、المـنسـتير ,al-munastîr, ラテン語表記:monasterium, アラビア語チュニジア方言では発音:)は、チュニジア北東部の都市。モナスティル県の県都。サヘル地帯にあり、スースの20km南、首都チュニスの162km南にある。伝統的な漁港であり、現在はチュニジア有数の観光地である。人口はおよそ71,546人(2005年)。

モナスティルの名は、ラテン語のモナステリウム(monasterium、修道院)に由来する, 。モナスティルは、フェニキア時代から古代ローマ時代にかけてあったルスピナの都市の廃墟の上に建設された。アラブ人が最初イフリーキーヤに植民地を建設した際、ケルアンやスースとともにその一部を構成した。市内には保存状態の良いリバートがあり、かつては敵国の船がいないか海を監視する場所であった。幾人かのウラマーが、瞑想にふけるためこの平穏な都市のリバートに滞在するためやってきた。リバートは、モンティ・パイソンの映画『ライフ・オブ・ブライアン』の撮影場所にもなった。

 

地図 - モナスティル (Monastir)

緯度 / 経度 : 35° 46' 41" N / 10° 49' 34" E | 標準時 : UTC+1 | 通貨 : TND | 電話機 : 216  

写真

モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
モナスティル (チュニジア)
1 2 

国 - チュニジア

チュニジアの国旗
正式名称は、الجمهورية التونسية( ラテン文字転写 : al-Jumhūrīya at-Tūnisīya、 片仮名転写 : アル・ヂュムフーリーヤ・アッ・トゥーニスィーヤ)。通称は、تونس(Tūnis)。

アラビア語名のتونس(Tūnis、トゥーニス) は、首都チュニスのアラビア語名と同じで、正式名称は「チュニスを都とする共和国」といったような意味合いである。トゥーニスやチュニスの語源は紀元前4世紀にチュニスの地に存在した古代都市トゥネス (Thunes) で、英語名など欧米諸言語や日本語の国名チュニジアは、トゥネスが転訛した Tunus 地名語尾の -ia を付してつくられ、オスマン帝国による呼称に倣ったものである。
通貨 / 言語  
ISO 通貨 シンボル 有効数字
TND チュニジア・ディナール (Tunisian dinar) دت 3
ISO 言語
FR フランス語 (French language)
AR アラビア語 (Arabic language)
地図  
町字 - 国  
  •  リビア 
  •  アルジェリア 

Facebook

 mapnall@gmail.com