通貨 - レバノン・ポンド

通貨  >  レバノン・ポンド

レバノン・ポンド

لل
レバノン・ポンド(Lebanese pound)は、レバノンの通貨。通貨の補助単位はピアストル(カルシュ)だが、現在は使われていない。

第一次世界大戦まではオスマン帝国領であったため、この地域ではトルコ・リラが使用された。大戦中にイギリスに占領されるとエジプト・ポンドが流通したが、大戦後にフランスの委任統治領となるとシリア・ポンドの発行が始まり、1ポンド=20フランス・フランの固定相場制をとった。これはシリアとレバノン共通の通貨であったが、レバノンでは1924年から独自の硬貨を、1925年から独自の紙幣を発行するようになった。当時はまだシリア・ポンドとの互換性が保たれていたものの、1939年には完全に独立した通貨となった。1941年、フランスがナチス・ドイツに敗北すると、レバノン・ポンドは8.83レバノンポンド=1イギリス・ポンドのレートで英国ポンドにペッグされた。1949年にはフランス・フランとの固定相場は放棄された。1975年から1990年の間、1ポンドは3アメリカ・ドルの価値があった。2006年、レバノン・ポンドは1アメリカ・ドル=1507.5ポンドのレートに固定された。

レバノンの最初の硬貨は1924年に発行された2カルシュと5カルシュである。その後、½、1、2、2.5、5、10、25、50カルシュ硬貨が発行された。1952年から1986年の間には1、2½、5、10、25、50カルシュと1ポンド貨が発行された。1986年から1996年までは硬貨は発行されていなかったが、1996年に50、100、250、500ポンド貨が新たに発行された。

レバノンの最初の紙幣は1925年にシリア・大レバノン銀行によって、25カルシュから100ポンドまで発行された。1939年には銀行はシリア・レバノン銀行に変更された。この年、250ポンド紙幣が発行された。1942年から1950年までの間、5、10、25、50カルシュ紙幣が発行された。1945年以降、シリア・レバノン銀行は両ポンドを区別するため、レバノン・ポンドの名を紙幣に印字し始めた。1964年には発券業務はレバノン銀行へと移った。1980年代のインフレーションにより、紙幣の価値は大きく目減りした。

レバノン

正式名称は、アル=ジュムフーリーヤ・ッ=ルブナーニーヤ(アラビア語: الجمهوريّة البنانيّة 、ラテン文字転写 Al-Jumhūrīyah al-Lubnānīyah)。通称ルブナーン(لبنان Lubnān)。

フランス語表記は、la République libanaise。通称、le Liban。

言語

Lebanese pound (English)  Lira libanese (Italiano)  Libanees pond (Nederlands)  Livre libanaise (Français)  Libanesisches Pfund (Deutsch)  Libra libanesa (Português)  Ливанский фунт (Русский)  Libra libanesa (Español)  Funt libański (Polski)  黎巴嫩鎊 (中文)  Libanesiskt pund (Svenska)  レバノン・ポンド (日本語)  Ліванський фунт (Українська)  Ливанска лира (Български)  레바논 파운드 (한국어)  Libanonin punta (Suomi)  Pound Lebanon (Bahasa Indonesia)  Libano svaras (Lietuvių)  Lübnan lirası (Türkçe)  Либанска фунта (Српски / Srpski)  Libanoni font (Magyar)  Libanonska funta (Hrvatski)  Libanonski funt (Slovenščina)  Λίρα του Λιβάνου (Ελληνικά) 
 mapnall@gmail.com