通貨 - フィジー・ドル

通貨  >  フィジー・ドル

フィジー・ドル

$
フィジー・ドルは、フィジーの通貨。補助単位はセントで、1ドル=100セントである。1969年から発行されている。

1867年から1873年にかけて、最初のフィジー通貨としてフィジー・ドルが発行されたものの、フィジーがイギリス領になったため通貨はイギリス・ポンドに、さらにフィジー・ポンドになり、再びフィジー・ドルがフィジーの通貨となったのは1969年のことだった。この際、1フィジー・ポンド=2フィジー・ドルのレートで交換が行われた。

1969年に1、2、5、10、20セント硬貨が発行され、1975年には50セント硬貨が、1990年にはアルミニウム青銅の1ドル硬貨が発行された。紙幣は、1969年に50セント及び1、2、5、10、20ドル紙幣が発行された。1980年には50セントが硬貨に置き換えられ、1995年には1ドルが硬貨に置き換えられるとともに50ドル紙幣が発行され、2007年には100ドル紙幣が発行された。

なお、フィジーは1987年に英連邦王国から脱退しているにも関わらず、硬貨・紙幣にはイギリス女王(フィジー女王でもあった)エリザベス2世の肖像画が描かれている。

2013年現在発行されている新紙幣、新硬貨にはフィジーの動植物の意匠に変更されている。新硬貨には、5セント:ヌクァ・ロロ(魚)、10セント:ベカ・ミリミリ(コウモリ)、20セント:カカ(インコ)、50セント:ヴァラヴォセ(魚)、1ドル:ヴォカイ(イグアナ)、2ドル:ガニヴァツ(タカ)が描かれており、新紙幣は、5ドル:クラワイ(インコ)、10ドル:ベリ(魚)、20ドル:カカウニガウ(ウミドリ)、50ドル:タンギモウジア(花)が描かれている。また、2013年に旧5ドル紙幣の使用は終了しており、ポリマー製の新紙幣のみが使用されている。2ドル紙幣も流通しておらず、硬貨のみが使用されている。

フィジー

フィジー共和国(フィジーきょうわこく)、通称フィジーは、オセアニアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はビティレブ島のスバ。南太平洋のフィジー諸島と北に500km程離れた保護領のロツマ島に位置する群島国家である。300余の火山島と珊瑚礁からなる。西にバヌアツ、東にトンガ、北にツバルがある。

正式名称は、Republic of Fiji (リパブリック・オブ・フィージー)。通称、Fiji 。
 mapnall@gmail.com