通貨 - イラン・リヤル

通貨  >  イラン・リヤル

イラン・リヤル

イラン・リヤル( riyāl リヤール、英語:Iranian rial、ISO 4217 code IRR)とは、イランの法定通貨である。補助単位はディナールで、1リヤル=100ディナールであるが、インフレーション進行により、現在は流通していない。

リヤルは1798年に1250ディナールの価値がある貨幣として導入されたのが最初であった。その後イランでは様々な通貨単位が使われていたが、1932年に通貨単位の十進法導入を機に現在の貨幣体系になった。

為替相場は1932年当時はイギリス・ポンドにリンクしていたが、1945年以降はアメリカ・ドルにリンクしていた。しかし1979年に勃発したイスラーム革命により親米派の王朝が倒れ、反米的な革命政権が誕生したことから、アメリカ資本が逃避したため、インフレーションが発生し恒常的に年率20%台である。そのため、紙幣の高額化が進行しており、他の中東産油国では湾岸戦争やイラク戦争で疲弊したイラクの通貨のイラク・ディナールよりも高額面が発行されている。

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。人口は8千1百万人を超え、その多さは世界で18位である。1,648,195 平方キロメートル(km 2 )の総面積は、中東で2番目に大きく、世界では17位である。北西にアルメニアとアゼルバイジャン、北にカスピ海、北東にトルクメニスタン、東にアフガニスタンとパキスタン、南にペルシア湾とオマーン湾、西にトルコ、イラク (クルディスタン) と境を接する。また、ペルシア湾を挟んでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。同国はユーラシアと西アジアの中心に位置し、ホルムズ海峡に面するため、地政学的に重要な場所にある。首都であるテヘランは同国の最も大きな都市であり,経済と文化の中心地でもある。

1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。

言語

Iranian rial (English)  Riyal iraniano (Italiano)  Iraanse rial (Nederlands)  Rial iranien (Français)  Iranischer Rial (Deutsch)  Rial iraniano (Português)  Иранский риал (Русский)  Rial iraní (Español)  Rial irański (Polski)  伊朗里亞爾 (中文)  Iransk rial (Svenska)  Rial iranian (Română)  イラン・リヤル (日本語)  Іранський ріал (Українська)  Ирански риал (Български)  이란 리알 (한국어)  Iranin rial (Suomi)  Rial Iran (Bahasa Indonesia)  Irano rialas (Lietuvių)  Rial (Dansk)  Íránský riál (Česky)  İran riyali (Türkçe)  Ирански ријал (Српски / Srpski)  Iránsky rial (Slovenčina)  Iráni riál (Magyar)  Iranski rijal (Hrvatski)  Irānas riāls (Latviešu)  Rial Iran (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com