言語 - アイスランド語

言語  >  アイスランド語

アイスランド語

アイスランド語(アイスランドご)はインド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語。使用範囲はアイスランドのみで、使用人口は約30万人。

9世紀にノルウェーから移住したヴァイキングがもたらしたものであり、他の北ゲルマン語(デンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語)の中ではノルウェー語と一番近い。

他の北ゲルマン語が失った3性(他の北ゲルマン語は両性名詞(共性名詞)と中性名詞だけ)や格変化などを保持し、また格変化などの必要性により、英語やフランス語などからの借用語を極力排しているため、古風な色合いを強く残している。

アイスランド語の歴史は、ヴァイキングの一派であるノース人(及びブリテン島やアイルランドのケルト人)がアイスランドに初上陸し、その後定住し始めた874年に始まる。当時のノース人は北ゲルマン語の1つである古ノルド語の西方言(古西ノルド語)を話しており、これが言語の歴史的変化によって古アイスランド語、そして現代アイスランド語と呼ばれるものへと変化していったものである。

ただ、中世から言語が変化してきたとはいえ、音韻を除けばほとんど変化しておらず、特に文法の基本構造にいたっては何一つ変化していない。そのため、現代のアイスランド人は、現代と中世における言葉遣いの違いを少し把握しさえすれば、中世に古ノルド語及び古アイスランド語により編纂されたエッダ(Edda, 北欧ゲルマン神話や英雄伝を題材とした詩歌の口承文学)及びサガ(saga, 主に当時のヴァイキングによる歴史的活動を年代記風にした散文形式の口承文学)が読解できるといわれる 。これらの古典作品は文学的に大きな価値があるだけでなく、言語学・歴史学・文化人類学などの分野においても貴重な資料である。

現代では、言語の保守性を保つなどの理由により、海外から続々とやってくる外国語の語彙に対してできるだけ外来語として吸収しようとせず、語彙を意訳した上での造語がよく行われている。例えばテレビを意味する "sjónvarp" は、英語 television などからの外来語ではなく、sjón(「風景」「見ること」、英語:sight)と verpa(投げる)からなる造語であり、「投影機」と意訳してできたものである。ドイツ語で、Fern(「遠く」、英語: far )とSehen(「見ること」、英語:see)からテレビを意味する Fernsehen が造語されたのと同様である。

アイスランド

アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上に位置する共和制を取る国家である。首都はレイキャビク。総人口は約337,610人。

言語

Icelandic language (English)  Lingua islandese (Italiano)  IJslands (Nederlands)  Islandais (Français)  Isländische Sprache (Deutsch)  Língua islandesa (Português)  Исландский язык (Русский)  Idioma islandés (Español)  Język islandzki (Polski)  冰岛语 (中文)  Isländska (Svenska)  Limba islandeză (Română)  アイスランド語 (日本語)  Ісландська мова (Українська)  Исландски език (Български)  아이슬란드어 (한국어)  Islannin kieli (Suomi)  Bahasa Islan (Bahasa Indonesia)  Islandų kalba (Lietuvių)  Islandsk (Dansk)  Islandština (Česky)  İzlandaca (Türkçe)  Исландски језик (Српски / Srpski)  Islandi keel (Eesti)  Islandčina (Slovenčina)  Izlandi nyelv (Magyar)  Islandski jezik (Hrvatski)  ภาษาไอซ์แลนด์ (ไทย)  Islandščina (Slovenščina)  Islandiešu valoda (Latviešu)  Ισλανδική γλώσσα (Ελληνικά)  Tiếng Iceland (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com