言語 - ウェールズ語

言語  >  ウェールズ語

ウェールズ語

ウェールズ語(Welsh, Cymraeg, y Gymraeg (定冠詞つき))は、ウェールズで話されている言語で、ケルト語派ブリソン諸語に属する。

コーンウォール語やブルトン語と同じガロ・ブリトン語群Pケルト語に属する。一方、アイルランド語(ゲール語)、スコットランド・ゲール語、マン島語は、ゴイデル語群Qケルト語に属する。Qケルト語とは、kw という音を文字 q(後に文字 c)で書いたからであり、一方Pケルト語とは kw の音が文字 p で表される音に転化したからである。

ウェールズ語名の Cymraeg がカナ表記されることは稀だが、日本カムライグ学会では Cymraeg を「カムライグ」、「ウェールズ」の意味の Cymru を「カムリ」としている。ウェールズ (Wales) とはもともと古英語で「よそ者」を意味する wēales に由来し、侵略者であったアングロ・サクソン人から見た呼び名である。そのためもあって英語ではウェールズ語のことを Welsh のほか Cymric(キムリック)とも呼び、ドイツ語でも Walisisch と Kymrisch 両方の呼び名が通用している。

1284年のエドワード1世によるイングランド支配、1536年のイングランドのウェールズ併合以降、ウェールズにおいても英語が公用語とされ学校などでも話すことが禁止された(Welsh Notも参照)。また、ウェールズ語に対する偏見・差別などにより、ウェールズ語を話す人は減り続けた。

しかし、20世紀になるとウェールズ語の保存運動が盛んになり、徐々にウェールズ語を話せる人が増えてきた。

イギリス

。1925年受託者法(Trustee Act 1925)の第61条は、裁判所に、公生かつ合理的に行動し、免責されるのが当然である受託者を、信託違反の責任から免除する権限を与えた 。この立法をなしたイギリス議会は、世界恐慌が投資信託を通し大衆化した歴史にある程度の責任がある。イギリス投資信託全体の資産構成に占める下位証券の割合は、1933年で36.2%、1935年で42.0%、1938年で53.5%に上昇していった 。

1939年のアドルフ・ヒトラー総統のナチ党率いるナチス・ドイツがポーランドに侵攻し、フランスとともに宣戦布告を行い、バトル・オブ・ブリテンをはじめヨーロッパ戦線では対独伊戦争、太平洋戦線では対日戦争を経験し、アメリカ合衆国の民主党フランクリン・ルーズベルト大統領と大西洋憲章を共同で提唱した保守党のウィンストン・チャーチル政権による挙国一致内閣の下に勝利を得た第二次世界大戦後、イギリス軍はドイツのハンブルクやハノーファーを占領し、旧西ドイツの形成の一役を担った。アメリカ合衆国は旧南ドイツ連邦とオーストリア西部を占領した。アメリカ合衆国の占領地域はオランダと歴史がつながっており、戦間期にまして欧州東西の資本が錯綜した。

言語

Welsh language (English)  Lingua gallese (Italiano)  Welsh (Nederlands)  Gallois (Français)  Walisische Sprache (Deutsch)  Língua galesa (Português)  Валлийский язык (Русский)  Idioma galés (Español)  Język walijski (Polski)  威尔士语 (中文)  Kymriska (Svenska)  Limba galeză (Română)  ウェールズ語 (日本語)  Валлійська мова (Українська)  Уелски език (Български)  웨일스어 (한국어)  Kymri (Suomi)  Bahasa Wales (Bahasa Indonesia)  Valų kalba (Lietuvių)  Walisisk (Dansk)  Velština (Česky)  Galce (Türkçe)  Велшки језик (Српски / Srpski)  Kõmri keel (Eesti)  Waleština (Slovenčina)  Walesi nyelv (Magyar)  Velški jezik (Hrvatski)  ภาษาเวลส์ (ไทย)  Valižanščina (Slovenščina)  Velsiešu valoda (Latviešu)  Ουαλική γλώσσα (Ελληνικά)  Tiếng Wales (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com