言語 - パーリ語

言語  >  パーリ語

パーリ語

パーリ語(、巴利語、略して巴語)は、南伝上座部仏教の経典(『パーリ語経典』)で主に使用される言語。バーリ語とも。なお日本における仏教関連の辞典や書物では pl などと略称される。

古代中西部インドにおけるアーリヤ系言語、プラークリット(俗語)を代表する言語である。使用歴は長く、パーリ語で書かれた偈の歴史は紀元前3世紀頃まで遡る。プラークリットの中でも最も古い言語の一つである 。パーリ語で書かれた上座部仏教経典の散文やその注釈は、5-6世紀以後にまで及び、その後も今日までスリランカ(セイロン島)を中心として、パーリ語を使用した新しい文献がある。

文語・雅語であるサンスクリット(梵語)と比べると、俗語であるパーリ語は、例えば「息子」、 「(梵) putra」 が 「(巴) putta」 となるように子音の同化が目立ち、また「刹那」、「(梵) kṣaṇa」 が 「(巴) khaṇa 」のような変化も見られる。しかし、パーリ語は他のプラークリットと比べると総じて音韻的・構造的な崩れが少なく、プラークリットの中では最もサンスクリットに近い 。名詞、動詞の組織は基本的にはサンスクリットと同じである。ただ名詞では格の融合、動詞では態の区別、過去時制の区別が明確ではない。さらに構文は、一般に定動詞表現が中心であり、語順が一定して動詞が文末に来る。語彙は時にサンスクリットより古い形を持つ。例えば「ここに」は 「(梵) iha」 より古形の 「(巴) idha」 となっている。

言語

Pali language (English)  Lingua pāli (Italiano)  Pali (Nederlands)  Pali (Français)  Pali (Deutsch)  Páli (Português)  Пали (Русский)  Pali (Español)  Język pali (Polski)  巴利语 (中文)  Pali (Svenska)  Limba pali (Română)  パーリ語 (日本語)  Палі (Українська)  Пали (Български)  팔리어 (한국어)  Paalin kieli (Suomi)  Bahasa Pali (Bahasa Indonesia)  Pali (Lietuvių)  Pali (Dansk)  Páli (Česky)  Pali (Türkçe)  Пали (Српски / Srpski)  Paali keel (Eesti)  Páli (Slovenčina)  Páli nyelv (Magyar)  ภาษาบาลี (ไทย)  Pāli valoda (Latviešu)  Πάλι (Ελληνικά)  Tiếng Pali (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com