言語 - イボ語

言語  >  イボ語

イボ語

イボ語(或はイグボ語、asụsụ Ndi Igbo)はニジェール・コンゴ語族の言語。ナイジェリア連邦共和国南東部のイボ人を中心に約1800万人が使っている。

イボ語には多くの方言があり、必ずしも相互に通じない。イデミリ方言(チヌア・アチェベが『崩れゆく絆』で使った)他、オウェリ、ングワ、ウムアヒア、ンネウィ、オニチャ、アウカ、アブリバ、アロチュク、ンスッカ、ムバイセ、オハフィア、ワワ、オキグワなどの30の方言がある。

オウェリとウムアヒアを含んだ当時の中央イボ県の方言を纏めたものが1939年にアイダ・C・ウォードにより中央イボ語として提案され、その地で学校、作家、出版社などに広く受け入れられた。1972年には中央イボ語を帝国主義者の道具とみた民族主義者により構成されたイボ言語文化促進協会 (SPILC) が、中央イボ語をより他の方言と統合され借用語も含んだ標準イボ語とするための標準化委員会を立ち上げた。

方言の多様さから正書法を決める合意はとても困難だった。1962年に定められた現行のオヌゥ正書法はレプシウスによる書記法と国際アフリカ学会による正書法の折衷である。

1999年にチヌア・アチェベは標準イボ語やその原型となったものはイボ語の豊かさへの植民地主義的あるいは保守的抑圧であると糾弾した。それを例証するために彼は聴衆の半数以上が聴き取れないオニチャ方言でそれを演説した。

ナイジェリア

ナイジェリア連邦共和国(ナイジェリアれんぽうきょうわこく、Federal Republic of Nigeria)、通称ナイジェリアは、西アフリカに位置する連邦制共和国。イギリス連邦加盟国。およそ1億9000万人の人口はアフリカ最大であり、世界でも第7位に位置する。また、面積も広い国である。

西のベナン、北のニジェール、北東のチャド、東のカメルーンとそれぞれ国境を接し、南はギニア湾に面し大西洋に通ずる。ナイジェリアの行政区分は36州および首都アブジャ市を擁する連邦首都地区からなる。ナイジェリアは民主的世俗国家であることが憲法上で規定されている 。

言語

Igbo language (English)  Lingua igbo (Italiano)  Igbo (Nederlands)  Igbo (Français)  Igbo (Deutsch)  Língua igbo (Português)  Игбо (Русский)  Idioma igbo (Español)  Język igbo (Polski)  伊博語 (中文)  Igbo (Svenska)  Limba igbo (Română)  イボ語 (日本語)  Ігбо (Українська)  이보어 (한국어)  Igbon kieli (Suomi)  Bahasa Igbo (Bahasa Indonesia)  Igbų kalba (Lietuvių)  Igbo (Dansk)  Igboština (Česky)  Igboština (Slovenčina)  Igbo jezik (Hrvatski)  Igbo valoda (Latviešu)  Tiếng Igbo (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com