国旗 - オーストリアの国旗

国旗  >  オーストリアの国旗

オーストリアの国旗

オーストリアの国旗は、13世紀にオーストリア公であったバーベンベルク家(Babenberg)のフリードリヒ2世(喧嘩公)が、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世に対し反乱を企てたときに制定されたものである。デンマークの国旗やスコットランドの国旗などとともに、現在まで使用されている世界最古の国旗のひとつとされる。

第3回十字軍に参加したオーストリア公レオポルト5世が敵の返り血を浴びて全身赤く染まったが、ベルトのため腰の部分だけ白く残ったという故事が有名である。

オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国時代は黒・金2色のハプスブルク家の旗が国旗であり、赤・白・赤の現国旗は戦闘旗として使用されていた。また、オーストリア=ハンガリー帝国時代はハンガリーの国旗と赤・白・赤の旗を組み合わせたものが商船旗として使われた。

ナチス・ドイツとの統合で廃止されたが、第二次世界大戦の終結後ドイツから再独立した1945年に復活した。現在の法的根拠は、1984年制定の「国章・国旗法」。

国旗 
オーストリアの国旗

国 - オーストリア

オーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、Republik Österreich、バイエルン語: Republik Östareich)、通称、オーストリアは、ヨーロッパに存在する連邦共和制国家である。首都は音楽の都といわれたウィーン。

中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦まではイギリス、ドイツ、フランス、ロシアとならぶ欧州五大国(列強)の一角を占めていた。1918年、第一次世界大戦の敗戦と革命により1867年より続いたオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制(第一共和国)となった。この時点で多民族国家だった旧帝国のうち、かつての支配民族のドイツ人が多数を占める地域におおむね版図が絞られた。1938年には同じ民族の国家であるナチス・ドイツに併合されたが、ドイツ敗戦後の1945年から1955年には連合国軍による分割占領の時代を経て、1955年の独立回復と永世中立国化により現在につづく体制となった。
町字 - 国  

  •  チェコ 
  •  ハンガリー 
  •  リヒテンシュタイン 
  •  ドイツ 
  •  イタリア 
  •  スロバキア 
  •  スロベニア 
  •  スイス 

言語

Flag of Austria (English)  Bandiera dell'Austria (Italiano)  Vlag van Oostenrijk (Nederlands)  Drapeau de l'Autriche (Français)  Flagge Österreichs (Deutsch)  Bandeira da Áustria (Português)  Флаг Австрии (Русский)  Bandera de Austria (Español)  Flaga Austrii (Polski)  奧地利國旗 (中文)  Österrikes flagga (Svenska)  Drapelul Austriei (Română)  オーストリアの国旗 (日本語)  Прапор Австрії (Українська)  Национално знаме на Австрия (Български)  오스트리아의 국기 (한국어)  Itävallan lippu (Suomi)  Bendera Austria (Bahasa Indonesia)  Austrijos vėliava (Lietuvių)  Østrigs flag (Dansk)  Rakouská vlajka (Česky)  Avusturya bayrağı (Türkçe)  Застава Аустрије (Српски / Srpski)  Austria lipp (Eesti)  Vlajka Rakúska (Slovenčina)  Ausztria zászlaja (Magyar)  Zastava Austrije (Hrvatski)  ธงชาติออสเตรีย (ไทย)  Austrijas karogs (Latviešu)  Σημαία της Αυστρίας (Ελληνικά)  Quốc kỳ Áo (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com