国旗 - ベルギーの国旗

国旗  >  ベルギーの国旗

ベルギーの国旗

ベルギーの国旗(、、)は、黒、黄、赤の三色旗である。1830年の独立宣言後、間もなく1831年1月23日に制定された。

デザインはフランスの国旗を元にしたとされている。三色は、黒地に赤い爪や赤い舌を出している黄色いライオンというブラバント公の紋章にちなんでいる。1830年の際は、水平三色旗であったが、1831年に垂直模様に変更された。

国旗の縦横比は、13:15であるが、デ・ファクトとして2:3も政府機関をはじめ、広く使われている 。13:15の比率の起源は不詳となっている 。この2:3比の旗は商船旗としても用いられている 。

軍艦旗はサルタイアーが基調であり、白地に黒・黄・赤の十字が描かれ、王冠と交差させた大砲、錨が加えられている。第二次世界大戦後にベルギー海軍が再建され、1950年に制定された 。軍艦用国籍旗(艦首旗)は国旗の縦横比を1:1にしたものである 。

国旗 
ベルギーの国旗

国 - ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都ブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は、19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。

19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域と、フランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語のドイツ語共同体地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。
町字 - 国  

  •  ルクセンブルク 
  •  フランス 
  •  ドイツ 
  •  オランダ 

言語

Flag of Belgium (English)  Bandiera del Belgio (Italiano)  Vlag van België (Nederlands)  Drapeau de la Belgique (Français)  Flagge Belgiens (Deutsch)  Bandeira da Bélgica (Português)  Флаг Бельгии (Русский)  Bandera de Bélgica (Español)  Flaga Belgii (Polski)  比利时国旗 (中文)  Belgiens flagga (Svenska)  Drapelul Belgiei (Română)  ベルギーの国旗 (日本語)  Прапор Бельгії (Українська)  Национално знаме на Белгия (Български)  벨기에의 국기 (한국어)  Belgian lippu (Suomi)  Bendera Belgia (Bahasa Indonesia)  Belgijos vėliava (Lietuvių)  Belgiens flag (Dansk)  Belgická vlajka (Česky)  Belçika bayrağı (Türkçe)  Застава Белгије (Српски / Srpski)  Belgia lipp (Eesti)  Vlajka Belgicka (Slovenčina)  Belgium zászlaja (Magyar)  Zastava Belgije (Hrvatski)  ธงชาติเบลเยียม (ไทย)  Beļģijas karogs (Latviešu)  Σημαία του Βελγίου (Ελληνικά)  Quốc kỳ Bỉ (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com