国旗 - フランスの国旗

国旗  >  フランスの国旗

フランスの国旗

色の表象について 。フランス憲法は第2条2項において国旗を、4項において国の標語「自由、平等、友愛」を規定しているが、4項の標語をそれぞれ国旗の色の表象に対して充てる明確な根拠はなく、【青は自由、白は平等、赤は友愛を表す】と解するのはいわゆる俗説 である。

歴史的にはこのフランス三色旗はラファイエット(ないしはバイイ)により大革命期の1789年7月に発案され、7月に創設されたばかりのパリ市民軍の標章「青・赤」にラファイエット(バイイ)がさらに「白」を加え誕生したとするのが通説である。

中央 長年の間、トリコロールは30(青):33(白):37(赤)の比率となっていた。しかし、資料によっては数値の順番が異なるなど混乱が見られる。30:33:37は旗竿から遠い右ほどはためきにより幅狭く見えるのを補うため、33:30:37はこれは明るく見える白が人間の目には大きく見えるのを補うため、と説明される。現在は、海上用のみに利用され、陸上用では3色とも同じ幅と定められている。

フランス革命直後は規定が無かったため、初期には赤・白・青の縦三色旗という現在とは反対の配色のもの(このパターンでは風下の青が晴天の空にまぎれて目立たないという欠点があった)をはじめ、さまざまな旗が掲げられた。第一共和政が成立した1792年に制定された旗は現在のオランダ国旗と同じ赤・白・青の横三色旗であった。1794年に現在の旗となり、1814年から1830年の王政復古時を除いて、現在まで使われ続けている 。

国旗 
フランスの国旗

国 - フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランスは、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。

フランスの歴史は現代世界史の幹である。ブルボン朝最盛期のフランスはヨーロッパ最大の人口を有し、ヨーロッパの政治・経済・文化に絶大な影響力を持った。フランス語は外交の舞台での共通語となった。現在は国連事務局作業言語である。フランスは17世紀以降1960年代まで、大英帝国に次ぐ広大な海外植民地帝国を有した。1919年から1939年、フランスの面積は最大となり(12,347,000km 2 )、世界の陸地の8.6%を占めた。
町字 - 国  

  •  モナコ 
  •  ルクセンブルク 
  •  ドイツ 
  •  ベルギー 
  •  アンドラ 
  •  イタリア 
  •  スペイン 
  •  スイス 

言語

Flag of France (English)  Bandiera della Francia (Italiano)  Vlag van Frankrijk (Nederlands)  Drapeau de la France (Français)  Flagge Frankreichs (Deutsch)  Bandeira da França (Português)  Флаг Франции (Русский)  Bandera de Francia (Español)  Flaga Francji (Polski)  法国国旗 (中文)  Frankrikes flagga (Svenska)  Drapelul Franței (Română)  フランスの国旗 (日本語)  Прапор Франції (Українська)  Национално знаме на Франция (Български)  프랑스의 국기 (한국어)  Ranskan lippu (Suomi)  Bendera Prancis (Bahasa Indonesia)  Prancūzijos vėliava (Lietuvių)  Tricoloren (Dansk)  Francouzská vlajka (Česky)  Fransa bayrağı (Türkçe)  Застава Француске (Српски / Srpski)  Prantsusmaa lipp (Eesti)  Vlajka Francúzska (Slovenčina)  Franciaország zászlaja (Magyar)  Zastava Francuske (Hrvatski)  ธงชาติฝรั่งเศส (ไทย)  Francijas karogs (Latviešu)  Σημαία της Γαλλίας (Ελληνικά)  Quốc kỳ Pháp (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com