国旗 - マラウイの国旗

国旗  >  マラウイの国旗

マラウイの国旗

マラウイの国旗は1964年7月6日に制定された、黒・赤・緑の三色旗に赤い半円の太陽を置いたもの。2010年から2012年の間は赤・黒・緑の中に白い円の太陽というものであったが、2012年5月28日に差し戻された 。

2009年5月19日に行われた国民議会選挙で勝利した民主進歩党は、新たな国旗案を提出した。新国旗案は、黒・赤・緑の順番であった三色の配置を変更し、汎アフリカ旗 (世界黒人開発協会アフリカ社会連合の旗) と同じ赤・黒・緑の順番に、昇る半円の赤い太陽に代わり、独立以来の経済発展を表す白い円の太陽が中央に配置された 。これに対し、統一民主戦線は国旗変更に反対したが 、2010年7月29日、当時の大統領ビング・ワ・ムタリカが国旗の変更を支持し、承認された 。

しかし、2012年4月5日にムタリカが心臓発作により死去すると、大統領に昇格したジョイス・バンダの下、議会での投票により、独立当初の旗が再度採用されることになった 。

国旗 
マラウイの国旗

国 - マラウイ

マラウイ共和国(マラウイきょうわこく)、通称マラウイは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。旧称はイギリス保護領ニヤサランド(Nyasaland、ニアサは「湖」の意)。首都はリロングウェ、最大の都市はブランタイヤである。アフリカ大地溝帯に位置する内陸国である。マラウイ湖の西岸にあり、東西の幅は90-161km、南北の長さは900kmと南北に細長い形をした国。国土はほとんど高原上にあり、マラウイ湖が大きな面積を占める。北・北西はタンザニアと、東・南・南西はモザンビークと、西はザンビアと国境を接している。チェワ族が主流。

独立以降、アフリカでは珍しく対外戦争や内戦を経験しておらず“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持つ 。
町字 - 国  

  •  モザンビーク 
  •  ザンビア 
  •  タンザニア 

言語

Flag of Malawi (English)  Bandiera del Malawi (Italiano)  Vlag van Malawi (Nederlands)  Drapeau du Malawi (Français)  Flagge Malawis (Deutsch)  Bandeira do Malawi (Português)  Флаг Малави (Русский)  Bandera de Malaui (Español)  Flaga Malawi (Polski)  马拉维国旗 (中文)  Malawis flagga (Svenska)  マラウイの国旗 (日本語)  Прапор Малаві (Українська)  Национално знаме на Малави (Български)  말라위의 국기 (한국어)  Malawin lippu (Suomi)  Bendera Malawi (Bahasa Indonesia)  Malavio vėliava (Lietuvių)  Malawis flag (Dansk)  Vlajka Malawi (Česky)  Malavi bayrağı (Türkçe)  Застава Малавија (Српски / Srpski)  Malawi lipp (Eesti)  Vlajka Malawi (Slovenčina)  Malawi zászlaja (Magyar)  Zastava Malavija (Hrvatski)  ธงชาติมาลาวี (ไทย)  Σημαία του Μαλάουι (Ελληνικά)  Quốc kỳ Malawi (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com