国旗 - タイの国旗

国旗  >  タイの国旗

タイの国旗

タイの国旗は、赤、白、紺、白、赤の5本の横帯で示される。ธงไตรรงค์ (Thong Trairong、トン・トライロング) ともいい、「三色旗」を意味する。中央の紺の帯は他の4本の2倍の幅である。赤、白、紺の3つの色はそれぞれ国家、仏教、王室を示しており、これらは非公式ではあるがタイのスローガンである。

軍隊用陸上旗、海上旗は共に1917年制定。

タイの最初の国旗(ナーラーイ大王、1656年-1688年)の時代から使われるようになったともいわれるが、詳細は不明)は赤く無地であった。その後、ナパーライ王(ラーマ2世、1809年-1824年)は、赤地の上に白いチャクラ(仏教の輪)とその内側に白象を載せた。

1855年、モンクット王(ラーマ4世、1851年-1868年)は、王家のシンボルである白象を配した旗を正式な国旗とした。無地の旗では国際的に識別しがたいためである。

1916年に、現在の国旗のようなものになった。ただし、中央の帯の色は外側と同じく赤であった。ワチラーウット王(ラーマ6世、1910年-1925年)が洪水の際に国旗が逆さまになっているのを見て、同じことが起こるのを防ぐために対称的な図柄にした、という逸話もある。1917年、中央の色は紺に変えられたが、これはラーマ6世の誕生日である金曜日を示す色だという。

国旗 
タイの国旗

国 - タイ王国

タイ王国(タイおうこく、ราชอาณาจักรไทย )、通称タイ(ประเทศไทย )は、東南アジアに位置する君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都のバンコクは正式名称が長いことでも知られる。

2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している 。
町字 - 国  

  •  ラオス 
  •  ミャンマー 
  •  マレーシア 
  •  クメール共和国 

言語

Flag of Thailand (English)  Bandiera della Thailandia (Italiano)  Vlag van Thailand (Nederlands)  Drapeau de la Thaïlande (Français)  Flagge Thailands (Deutsch)  Bandeira da Tailândia (Português)  Флаг Таиланда (Русский)  Bandera de Tailandia (Español)  Flaga Tajlandii (Polski)  泰国国旗 (中文)  Thailands flagga (Svenska)  Drapelul Thailandei (Română)  タイの国旗 (日本語)  Прапор Таїланду (Українська)  Национално знаме на Тайланд (Български)  태국의 국기 (한국어)  Thaimaan lippu (Suomi)  Bendera Thailand (Bahasa Indonesia)  Tailando vėliava (Lietuvių)  Thailands flag (Dansk)  Thajská vlajka (Česky)  Tayland bayrağı (Türkçe)  Застава Тајланда (Српски / Srpski)  Tai lipp (Eesti)  Vlajka Thajska (Slovenčina)  Thaiföld zászlaja (Magyar)  Zastava Tajlanda (Hrvatski)  ธงชาติไทย (ไทย)  Σημαία της Ταϊλάνδης (Ελληνικά)  Quốc kỳ Thái Lan (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com